転職活動における主な4つのお仕事の探し方

転職活動を行う以上は、まず間違いなく仕事探しが必要になります。現在の仕事に不満がある以上は、やはりどこか新しい仕事を見つける必要があるので、求人検索は欠かせないでしょう。

そして仕事の探し方にも、複数あります。現在では、主にネットで仕事を探す方々が増えつつある状況です。

1.親類などに声をかけてみる探し方

まず意外と多いのが、知人の方々に声をかけてみる方があります。そもそも転職活動というのは、自分の会社に対する不満があるケースが大変多いですね。

そのような不満を、お友達や親類の方々に対して、広めてみる方法があるのです。すると、その話を聞いて親類の方々は、お仕事を紹介してくれる事もあります。いわゆるコネで入社できるパターンになるのです。

この方法は、実は内定率は意外と高いです。いわゆるコネの問題があるだけに、後述の方法と比べると、意外と高い確率で内定になる傾向があります。

ただしこの方法は、少々不確実な一面もあるのです。親類に声をかけたからといって、必ずしも転職先が紹介されるとも限らないでしょう。ある程度運の要素は必要になりますね。

2.飛び込み訪問や電話掛けによる探し方

それとかなりレアな方法ですが、電話帳などを用いる探し方もあります。電話帳などには、当然多くの会社の電話番号が記載されているでしょう。それらに対して、次から次へと電話をかけてみる方法もあるのです。

その他にも、飛び込み訪問という方法があります。街で見かける様々な会社に直接足を運んで、人手を求めていないかどうかを声掛けをしてみる方法もあるのです。

これらの飛び込み営業のような方式は、他の探し方と比べると、やや効率は劣ります。街で見かける会社は、必ずしも人手を求めているとは限らないからです。

しかし広告などではめったに見かけない転職先が見つかる事もあるので、意外と良いお仕事を見つけられる事もあります。

3.雑誌やインターネットなどでの探し方

上記のような2つの探し方は、昔からよく実行されている手法ではあります。しかし最近では、むしろネットを活用する事例が多いですね。もしくは雑誌媒体などで、お仕事を探す方々も増えつつあります。

ネットなどの方法の場合は、自分のニーズに合致した転職先を探せるメリットがあるからです。そもそも上記のコネや飛び込み訪問のやり方の場合、紹介されるお仕事が自分の希望に沿うかどうかは分かりません。

実際に働かないと、何とも見極めが難しい一面もあるでしょう。しかしネットの場合は事前に多くの情報が得られるので、それだけ効率良く転職先を探せる傾向があります。それとネットは、サポートが充実している事も多いですね。

転職活動に関わる有益な情報をアドバイスしてくれるサイトなども、沢山見られます。それで意外な情報を得られる事も多いのです。上述のような飛び込み訪問は、やはり自力で模索をする事になるでしょう。

●4つの中ではネットがベスト

つまり転職活動での探し方としては、次の4つがある訳です。

・知人への声かけ
・飛び込み営業
・雑誌
・インターネット

探し方は様々ですが、それぞれ効率や特徴などが異なる訳ですね。総合的な効率を考慮すれば、やはりWEBによる探し方がベストだと思われます。

職業選択の心がまえ|転職原論|転職成功ガイド|転職のリクルート

Writen by tq40ib9cg2t9y

Join the discussion

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です