資格を取得していると確実に転職できるようになるか

お仕事を探すとなると、しばしば資格がポイントになってきます。転職活動でも、それは同様なのですね。

一般的には、何らかの資格がある方は、その活動は有利になる傾向があります。ただし資格を保有していれば、必ず成功するとは限りませんので、注意を要するでしょう。

1.資格が必須な職業はある

実際に一部の職種では、確かに資格が重視される一面はあります。その代表的な職種としては、薬剤師です。

多くの薬を扱うことになるその仕事では、まず間違いなく薬に関する知識が求められるのです。したがって、薬の知識に関わる資格は必要なのですね。

現にその職種の求人広告の殆どでは、薬剤師の免許が必要だとと明示されているでしょう。薬剤師に限らず、資格が必須の職業はいくつも見られます。

ドライバー職などの場合は、どう考えても運転免許などの資格が必要になるでしょう。

2.必須ではなくても有利にはなる

では資格を保有していなければ、企業内定が不可能になるかというと、そのような意味ではありません。

純粋に、有利になるという意味なのですね。例えば一部の業界では、英語関連の資格がある方が内定率は高めになる傾向があります。

一例は接客業ですね。一部のお店などでは、かなり外国人の来店客が多く来る事もあります。それだけに英語資格を保有している方々の方が、お店からも優遇される事が多いですね。

ただしその英語資格は、別に必須ではありません。その資格を保有していなくても、転職できるケースは多々見られます。

現に街で働いているお店の方々でも、英語資格を保有していない事も多々あるでしょう。必須ではありませんが、内定率は高めになる訳ですね。

3.転職での内定率を上げる為に資格取得を頑張る

このため転職活動に難航している方などは、しばしば一部の資格に関心を抱いている事もあります。

上述のような接客業での転職を目指すのであれば、英語資格の取得を目指して頑張ってみるのも一法でしょう。TOEIC800点などの取得に成功する事ができれば、内定率が変わる可能性もあるからです。

それと接客業の場合は、販売士という資格もありますね。その名前の通り、販売のスキルに関わる資格になるのです。それらの資格取得を目指してみるのも、確かに一法ではあります。

4.資格への過信は禁物

ただし、過信は禁物です。確かに資格を取得すれば一部の会社では優遇される傾向はありますが、それが全てでもないのですね。そもそも企業の採用基準には、複数あります。

資格の他にも社会人マナーや業務経験など様々な要素を複合して、最終的な採用可否が決定される事になるのです。資格さえ取得すれば転職に100%成功できるとは限らないのは、要注意でしょう。確率アップが主な目的なのですね。

持っている資格をすべて書いたら、アピールになる?|とらばーゆ

●内定率は上がるので頑張ってみる

以上を踏まえると、次のような事が言えます。

・有資格者の方が転職では確かに有利
・転職での成功を目指して資格取得を目指す選択肢もある
・資格を過信しないよう注意

いずれにしても資格は、転職の成功率に関わってくる事だけは確実です。100%の成功率を約束するものではありませんが、少なくとも内定率アップは見込める訳ですから、資格取得を目指して頑張ってみるのも一法ではあります。

Writen by tq40ib9cg2t9y

Join the discussion

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です