経験を生かしてコンサルタントに転職する方法も

様々なサービス業が生まれる中で、コンサルタント業務は常に需要がある分野といえます。これは最適な資源や人材、機材を配置することで資金の節約だけでなく積極的な拡大戦略も取れるようになるからです。

自社の人材だけで不足することはコンサルタント会社に相談するようなケースも多く、市場規模としても非常に大きいのが魅力です。

1.様々なコンサル業務があるのも魅力

コンサルタントといっても、IT関連のコンサルタントや人材コンサルタント、経営コンサルタントなど業務は様々なです。コンサルタント企業として人員を派遣している場合もありますが、個人事業主として活躍している人材もいます。

自分の経験を活かしやすいのも特徴で、それぞれの業界や分野のコンサルタント業務があると言っても過言ではないのです。コンサルタントを目指すのであればまず重要になるのが経験と知識です。

また、最新の業界情報にも詳しく無ければコスト競争に負けてしまう場合もあります。会社の中で営業とセットでコンサルタントを行う場合もあるため、様々なサービスに対する知識は必須といえます。

2.共感力がポイントになる

コンサルタント業務は機材などの固定費が少なくて済むのも魅力です。もちろん様々な情報を調べるだけでなく、機器や人材の手配のためのコネクション、法律上の知識や資格などが必要になる場合もありますが、設備投資にお金を使う必要はないため独立開業も行いやすいのです。

もちろん、ノウハウを学んで、ある程度の経験や実績を持っていないと顧客をつかむことすら難しいと言う現実もあります。まずはコンサルタント会社に転職して経験を積むのが基本となります。

コンサルタント会社に入る場合は、最低限の計算が出来るだけでなく、高いコミュニケーション能力が必要となります。

これは顧客の抱える問題点を正確に把握するために必要な事で、会話の能力の高さだけでなく相手の考えに共感する力が求められるのです。共感力が高ければ多少未熟でも顧客をつかむ力になることもあります。

3.利益率が高いのもポイント

コンサルタント業務は利益率が高いことも多いのが特徴です。これは元手になる資材などが不要になるためで、しっかりとした顧客を掴めば資料の制作費用や人件費を除いてすべてが収益となるからです。

手続きなどの代行を行った場合は必要経費に代行のための手数料を上乗せして請求できるため、金額も大きくなる傾向にあります。とくに大規模なプロジェクトや投資案件に関しては大きな利益になるだけでなく、実績にも繋がります。

転職先を探す際にも実績があるコンサルタント会社を見極めて選ぶのも重要で、ハードルが高い分入社後の実りも大きくなるのです。

看護師からあえて営業職に転職をするメリット – Gooブログ

●業務の幅が広く、利益率が高いのが魅力

コンサルタント業務には様々なメリットがあります。

・コンサルタントの種類自体が多い
・共感力があれば顧客の心をつかみやすい
・利益率も高い

独立開業も視野に入れやすい業種であり、人件費以外の費用があまりかからないのが大きな特徴です。しかし、その分競争も激しいため、しっかりとした下積みをする必要があります。

実績のある会社に転職して勉強行う等、大きな事業規模のコンサルタントにもかかわることで、自然と能力も養われるのです。転職の際には現場の経験を活かしやすいのもポイントといえます。

Writen by tq40ib9cg2t9y

Join the discussion

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です