仕事をしながら転職をすすめる際の3つの注意点

仕事をしながら転職活動をすると、転職活動に対しての焦りもうまれませんし、メリットがたくさんあります。ですが、メリットだけがあるということではありません。

そんなメリットを享受するために、守らなければならない注意点があるのです。そこでここではそんな、仕事をしながら転職をすすめる際の3つの注意点について紹介したいと思います。

1.転職を言いだすタイミングは1カ月くらい前にする

まず最初の注意点は、会社に転職を伝えるタイミングについての注意点です。あんまり早い段階で転職を伝えると、会社内で気まずいを思いをすることにある可能性があります。

決まったと思っていた転職が突然上手くいかなくなるということもありますし、あんまり早く伝えるのは怖いです。

ですが、あまりにギリギリで伝えるというのはトラブルの元ととなりますから、転職を会社に言いだすのは、次の会社への入社日の1か月前くらいが良いでしょう。

それならば、気まずい思いもあまりしないですし、マナー的にも問題がないので、トラブルが起こる可能性も少ないです。

2.転職についての相談をしないようにする

転職についての相談を会社の誰かにすると、まわりまわって上司にばれたりして、面倒な事態になったりします。長い時間をかけて引き留めようとしてきたり、場合によっては軽く転職活動を邪魔されたりすることもあるかもしれません。

そうなってしまってはもう最悪ですよね。ですから、そうならないようにするためにも、会社の人には転職のテの字も伝えないようにするのが一番です。火種が無ければ、火がつくことはありませんから。

会社の人だけでなく、出来ることならば誰にも相談しないのが一番です。どこで誰がどうつながっているか分かりませんからね。もしどうしても相談したいのであれば、転職の相談会などで相談するのが良いでしょう。

3.会社で転職サイト等を見ない

会社のパソコンで転職サイトを見るというのは言語道断ですが、それ以外にも、お昼に会社内で自分のスマホなどで転職サイトを見たりするのも、出来れば避けた方が無難です。

スマホなどは、1人で見ているつもりでも、意外とまわりからも見えてしまうものです。そうして同僚や上司に転職活動の事がばれてしまうこともあります。ですから、出来る限り会社内では転職サイトに触れないようにするのが一番です。

どうしても見ないとならないというのであれば、トイレの個室などの、絶対に誰にも見られない場所で、速やかにチェックするようにすると良いでしょう。

美しい退職方法 ~転職後も結局、必ず再会します – ヒューマンタッチ

●秘密裏にすすめることが大切

仕事をしながら転職をすすめる際の注意点については、お分かりいただけましたでしょうか?もう一度ポイントをまとめると、

・言いだすタイミングを先走らないようにする
・誰にも相談しないでばれるリスクを減らす
・会社内ではサイトすらもみないようにする

というように、とにかく秘密裏に行動することが大切になります。これらのポイントをおさえて秘密裏に行動し、円満かつスムーズに転職できるようにしていきましょう。

Writen by tq40ib9cg2t9y

Join the discussion

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です