転職活動の多様化…転職のやり方を模索する

転職活動のやり方は色々な方法があり、直接入りたい企業に電話をかけて面接までこぎつけるアグレッシブな人もいますが、大抵は出されている求人の中から自分の条件に合ったものを選んで応募するパターンが多いでしょう。

今回は転職する際の求人探しに活用できるツールや場所についてまとめてみました。

1.職業安定所を利用する

オーソドックスな方法ですが、転職活動をする際にはまず近所にある職業安定所を利用するのがおすすめです。求人票をよく見てみると、様々な企業情報や待遇が見てとれます。

社会保険・退職金・昇給の有無やボーナスが何か月分か・休みや残業の量まで知る事が出来るため、時々都合の悪い事を隠して募集をかけている悪質な企業もありますが、それ以上に優良な企業の求人も多く、信頼度の高い情報を詳しく知る事が出来ます。

しかし職安に出ている求人ならば安全と考える人もいますが、実際にはブラック企業の求人が出ている場合もあるので要注意な上に、正社員で募集して試用期間と称し、いつまでもパートのままといったケースもありますから、そういう場合には3ヶ月経っても正社員になれない場合次の就職先を探した方が良いでしょう。

職業安定所の求人に限らず転職活動で失敗を防ぐには、

・本来ボーナス・昇給が書かれている欄が空欄になっている企業は避ける
・試用期間が6ヶ月など長すぎる企業・社会保険が国保のみの求人も避ける
・正社員ではなく派遣会社の求人である可能性があるので注意する

上記のような事をしっかり心得ておく事が重要です。

2.インターネットの求人サイトを利用する

インターネットの求人サイトの中には、自分の職歴・意気込み・資格などを登録する事で、それを見た企業からお誘いを受ける事が出来る可能性があるシステムのものがあります。

大手企業や地元の優良企業からのお誘いがある場合もありますので、一応登録しておくと良いでしょう。もちろん企業側のアプローチを待つだけではなく、その求人サイト自体で正社員や派遣の求人を探す事も可能です。

長い勤務年数など職歴や経歴が良い場合は利用サイトによりますが割とお誘いが多いのも魅力です。

スカウト|転職応援サイトのイーキャリア

3.転職アプリを活用する

最近ではガラケーよりもスマホが普及しているため、就活アプリも随分たくさん出てきました。地元で無料配布されている有名求人誌をスマホでも見られるようにしてある求人アプリや、企業の求人情報をまとめたアプリなどが続々と登場しつつあります。

このようなツールを利用して常にアンテナを張っておくと、在職中の就職活動やより多くの求人の中から選びたい時にふと良い情報を得る事などが出来て重宝する場合もあります。

●就職候補先の多さは転職の近道

自分が働きたいと思える条件の求人が多ければ多いほど、一つの企業に落ちても次の候補があるため、転職出来るまでの期間が短くなる可能性があります。

求人が出されていると思われるツールや場所などは出来るだけ隈なくチェックし、就職先候補がたくさん見つかるようにしておくのが良いでしょう。

enという転職用のサイトとその主たる4つの特色

転職関連のサイトの1つに、enがあります。エン・ジャパンという会社が運営しているサイトですが、お仕事を探しているのであれば、そのサイトには登録をしておくと良いでしょう。自分の希望に沿うお仕事を見つける為の、色々なメリットが見られるからです。

1.検索のシステムが充実している

WEBを用いてお仕事を探すとなると、たいていのサイトではフォームによって検索をしていく事になります。そしてenの場合は、そのフォームがとても充実しているのですね。

条件を絞り込みしやすくなっていますので、自分のニーズに合う案件などは見つかりやすい傾向があります。社会貢献度が高めなお仕事などと、en独自の希望条件もあります。

2.新着の情報をいち早くキャッチできる

そしてこのサイトに情報を登録しますと、随時メールが送られてくるようになります。情報登録の際には、前述のような希望条件などを入力するのですが、それに沿った案件情報が随時送信される訳ですね。

その情報がとても早いのは、enのメリットの1つです。そもそも転職活動を行う以上は、やはり情報のスピードなどは求められます。求人情報に対する応募は、早い者勝ちの一面もあるでしょう。

一刻も早く求人の情報を得られる方が良い訳ですから、それをメールでスピーディーに得られるサービスはとても便利です。

3.スカウト機能も完備されている

またサイトに情報を登録した後には、そこのサイトに情報を掲載している会社側が、登録者の情報を閲覧する事も可能です。そして一部の会社では、登録者に対して声かけをしてくれるのですね。

いわゆるスカウトのサービスになります。それをきっかけに、興味を持ってくれた企業にアプローチをする事ができるようになるので、とても効率良く転職活動ができるようになる訳です。スカウトの件数なども比較的多いので、enはおすすめと言えます。

転職体験レポート届いたスカウトがよい会社に巡り会うきっかけに

4.独自の案件が掲載されている

それとenの場合は、案件の独自性にも特徴があるのです。この会社の場合は、他のサイトとはかぶらない案件がいくつもあります。求人案件というのは、複数のサイトがバッティングしている事も多いのですね。

例えば求人案件Aがあるとします。そしてサイトBとCが、Aを掲載している事もあるのですね。ところがenの場合は、他のサイトにて案件が掲載されているケースは非常に少ないです。

この会社が独自で得た案件のみが掲載されているので、他社では見かけない珍しい求人を見つける事もできます。そのような求人に限って、非常に良い条件の会社も多いのですね。

いわゆるen独自の非公開案件という事になります。ただしそれを閲覧する為には、このサイトへの会員登録が必要になります。

●enの主な4つの特徴

以上を踏まえると、enの特徴としては

・充実した検索システム
・メールで送ってくれる新着求人
・スカウト機能
・en独自の案件

このような4点が挙げられるでしょう。特に4つ目の独自案件のメリットは、とても大きいと思われます。とても良い案件が見つかる可能性もある訳ですから、たとえ他社の転職用サイトに登録をしていても、enにも登録をする価値はあるでしょう。

仕事をしながら転職をすすめる際の3つの注意点

仕事をしながら転職活動をすると、転職活動に対しての焦りもうまれませんし、メリットがたくさんあります。ですが、メリットだけがあるということではありません。

そんなメリットを享受するために、守らなければならない注意点があるのです。そこでここではそんな、仕事をしながら転職をすすめる際の3つの注意点について紹介したいと思います。

1.転職を言いだすタイミングは1カ月くらい前にする

まず最初の注意点は、会社に転職を伝えるタイミングについての注意点です。あんまり早い段階で転職を伝えると、会社内で気まずいを思いをすることにある可能性があります。

決まったと思っていた転職が突然上手くいかなくなるということもありますし、あんまり早く伝えるのは怖いです。

ですが、あまりにギリギリで伝えるというのはトラブルの元ととなりますから、転職を会社に言いだすのは、次の会社への入社日の1か月前くらいが良いでしょう。

それならば、気まずい思いもあまりしないですし、マナー的にも問題がないので、トラブルが起こる可能性も少ないです。

2.転職についての相談をしないようにする

転職についての相談を会社の誰かにすると、まわりまわって上司にばれたりして、面倒な事態になったりします。長い時間をかけて引き留めようとしてきたり、場合によっては軽く転職活動を邪魔されたりすることもあるかもしれません。

そうなってしまってはもう最悪ですよね。ですから、そうならないようにするためにも、会社の人には転職のテの字も伝えないようにするのが一番です。火種が無ければ、火がつくことはありませんから。

会社の人だけでなく、出来ることならば誰にも相談しないのが一番です。どこで誰がどうつながっているか分かりませんからね。もしどうしても相談したいのであれば、転職の相談会などで相談するのが良いでしょう。

3.会社で転職サイト等を見ない

会社のパソコンで転職サイトを見るというのは言語道断ですが、それ以外にも、お昼に会社内で自分のスマホなどで転職サイトを見たりするのも、出来れば避けた方が無難です。

スマホなどは、1人で見ているつもりでも、意外とまわりからも見えてしまうものです。そうして同僚や上司に転職活動の事がばれてしまうこともあります。ですから、出来る限り会社内では転職サイトに触れないようにするのが一番です。

どうしても見ないとならないというのであれば、トイレの個室などの、絶対に誰にも見られない場所で、速やかにチェックするようにすると良いでしょう。

美しい退職方法 ~転職後も結局、必ず再会します – ヒューマンタッチ

●秘密裏にすすめることが大切

仕事をしながら転職をすすめる際の注意点については、お分かりいただけましたでしょうか?もう一度ポイントをまとめると、

・言いだすタイミングを先走らないようにする
・誰にも相談しないでばれるリスクを減らす
・会社内ではサイトすらもみないようにする

というように、とにかく秘密裏に行動することが大切になります。これらのポイントをおさえて秘密裏に行動し、円満かつスムーズに転職できるようにしていきましょう。

転職活動における主な4つのお仕事の探し方

転職活動を行う以上は、まず間違いなく仕事探しが必要になります。現在の仕事に不満がある以上は、やはりどこか新しい仕事を見つける必要があるので、求人検索は欠かせないでしょう。

そして仕事の探し方にも、複数あります。現在では、主にネットで仕事を探す方々が増えつつある状況です。

1.親類などに声をかけてみる探し方

まず意外と多いのが、知人の方々に声をかけてみる方があります。そもそも転職活動というのは、自分の会社に対する不満があるケースが大変多いですね。

そのような不満を、お友達や親類の方々に対して、広めてみる方法があるのです。すると、その話を聞いて親類の方々は、お仕事を紹介してくれる事もあります。いわゆるコネで入社できるパターンになるのです。

この方法は、実は内定率は意外と高いです。いわゆるコネの問題があるだけに、後述の方法と比べると、意外と高い確率で内定になる傾向があります。

ただしこの方法は、少々不確実な一面もあるのです。親類に声をかけたからといって、必ずしも転職先が紹介されるとも限らないでしょう。ある程度運の要素は必要になりますね。

2.飛び込み訪問や電話掛けによる探し方

それとかなりレアな方法ですが、電話帳などを用いる探し方もあります。電話帳などには、当然多くの会社の電話番号が記載されているでしょう。それらに対して、次から次へと電話をかけてみる方法もあるのです。

その他にも、飛び込み訪問という方法があります。街で見かける様々な会社に直接足を運んで、人手を求めていないかどうかを声掛けをしてみる方法もあるのです。

これらの飛び込み営業のような方式は、他の探し方と比べると、やや効率は劣ります。街で見かける会社は、必ずしも人手を求めているとは限らないからです。

しかし広告などではめったに見かけない転職先が見つかる事もあるので、意外と良いお仕事を見つけられる事もあります。

3.雑誌やインターネットなどでの探し方

上記のような2つの探し方は、昔からよく実行されている手法ではあります。しかし最近では、むしろネットを活用する事例が多いですね。もしくは雑誌媒体などで、お仕事を探す方々も増えつつあります。

ネットなどの方法の場合は、自分のニーズに合致した転職先を探せるメリットがあるからです。そもそも上記のコネや飛び込み訪問のやり方の場合、紹介されるお仕事が自分の希望に沿うかどうかは分かりません。

実際に働かないと、何とも見極めが難しい一面もあるでしょう。しかしネットの場合は事前に多くの情報が得られるので、それだけ効率良く転職先を探せる傾向があります。それとネットは、サポートが充実している事も多いですね。

転職活動に関わる有益な情報をアドバイスしてくれるサイトなども、沢山見られます。それで意外な情報を得られる事も多いのです。上述のような飛び込み訪問は、やはり自力で模索をする事になるでしょう。

●4つの中ではネットがベスト

つまり転職活動での探し方としては、次の4つがある訳です。

・知人への声かけ
・飛び込み営業
・雑誌
・インターネット

探し方は様々ですが、それぞれ効率や特徴などが異なる訳ですね。総合的な効率を考慮すれば、やはりWEBによる探し方がベストだと思われます。

職業選択の心がまえ|転職原論|転職成功ガイド|転職のリクルート

転職と効率的な求人の探し方とは

1.求人はネットから探す

転職はまず求人を見つけることから始まりますが、今最も効率のよい求人の探し方といえばインターネットによる求人検索でしょう。企業もインターネットに多数の求人を掲載していますし、ここで情報を集めることが大切です。

特に、転職サイトに関しては一度は活用しておきましょう。転職サイトには全国各地多種多様な職種の求人が集められていますし、ここから連絡を取ることも可能です。

また、こうした転職サイトは自身に関する情報を記載しますが、この情報を元にスカウトされる可能性もあります。もちろん自身の適性やスキルに合わせてのスカウトなので、企業が自分を求めていることが前提となり転職もスムーズに行なえます。

何より、忙しい社会人としての生活の合間に求人を探すとなれば、相手から接触してもらえることは何よりもありがたいメリットではないでしょうか。

転職はマイナビ転職-豊富な転職情報で支援する転職サイト

2.人脈を活かした求人探し

インターネット以外では、人脈を頼って求人を探すことも一つの手段です。これまで社会人として生活してきた中で培ってきた人脈を活かし、そこから転職先を見つける方法です。

この方法でのメリットは、転職先の情報をより詳細に得られる点にあるでしょう。そこで働いている方の生の声を聞く機会が多くなりますし、どんな職場かをある程度事前に確認することができます。

その友人や知人の勤める企業に入りやすくもなりますし、思い当たる方は頼ってみるのもよいでしょう。ただし、人脈を活かすというのは詰まるところコネのようなものです。

下手に転職すると紹介してくれた人物の顔に泥を塗ってしまうことにもなり得るため、覚悟を持って転職をする必要があるでしょう。

3.より良い求人を見つけるコツ

求人を見つける方法を選んだ後は、いかに求人を見つけるかを確認しましょう。効率的な求人探しを行うには、まず条件設定から始めることが大切です。条件設定とは、自分の希望する条件に優先順位を付けることで、より早く求人を絞りやすくする方法です。

例えば、年収にこだわりたい方は最低限希望する年収を設定することで、それ以上の年収から探し始めるのです。休日をある程度確保したい方は年間休日日数で絞り込むなど、自分が優先したい条件から求人を選んでいきましょう。

ただし、あまりに絞り過ぎると求人が見つからなくなります。時には妥協しながら選んでいきましょう。妥協をする場合は、自分があまりこだわらない箇所から妥協していくことがポイントです。

上記内容をまとめると、

1.求人の宝庫であるインターネットを活用すること
2.時には人脈を活かした転職も検討すること
3.求人を探すときには条件に優先順位を付けること

以上になります。

自分がなぜ転職をしたいのかを考えると、自然に転職先に求める条件が浮かび上がってくるはずです。その条件を頭に入れながら求人を探すことで、限られた時間を効率的に使いましょう。使える手段は全て使うくらいの気持ちで挑むことで、理想に近い職場が見つかるはずです。

WEBによる転職活動とスカウト

転職活動を行うとなると、どこかのサイトを利用するケースがほとんどです。最近ではネット媒体の普及に伴って、その活動でWEBを利用する事も多い訳です。そして状況により、スカウトが行われるケースも多々あります。

1.サイトを用いる時には情報を登録する

お仕事探しサイトなどを活用するとなると、まずは利用者登録が必要になります。たいていその料金は無料なのですが、それで様々なサポートを受けられるので、転職活動を行う方々の多くは登録をしています。

その際に、自分の様々な求職データを登録する事になるのです。例えば希望給与などをに関する情報も入力しますし、希望社風などを入力する事もあります。それと併せて、自分の職歴なども入力する事になります。

今までどのような会社で働いてきたかも、詳しく入力していく事になるのです。また何らかの意気込みなどもあれば、それも併せて入力をする訳です。

2.ブログやSNSなどで求職活動中の旨を書く

また人によっては、個人ブログなどで求職活動に関わることを書いている事もあります。日々の求職活動の状況などを、細かくブログに書いている方々もたまに見られるでしょう。

もしくはどこかのコミュニティサイトなどで、そのような日々の記録などが書かれている事もあります。その際にどのような情報を書くかは、もちろん人によって大きなバラ付きがあります。

求職サイトと違って、かなり個人差があるのが実情です。どこまで情報を公開すべきか等の考え方は、それぞれ考え方も異なるからです。人によっては、かなり詳しく自分の情報を記載している事もあります。

3.書かれた情報は人手を求める企業に見られる

このようにして入力された情報は、企業側に見られる事になります。そして情報を見た企業としては、誰かに関心を持つことも多い訳です。ブログなども、実は多くの企業担当者の方々は見ています。

それで面白そうな人材だと思った時には、やはり企業担当者としては興味を抱く傾向があります。

4.担当者からの声かけが起きる

それで良さそうな人材だと思った企業担当者は、その情報を公開している方に対して、声かけをする事になるのです。

それでお互いに納得できた時には、面接が行われるケースが目立ちます。ブログに情報を公開している方などは、それでびっくりしているケースも多々あるのです。まさかブログで声かけが行われるとは思っていなかったからです。

このような声かけは、転職業界ではスカウトと表現される事が多いです。企業担当者としては興味を持っている訳ですし、求職者としては一刻も早くお仕事を見付けたい訳ですから、とても効率良くお仕事を見つけられる傾向があります。

一昔前では、ほぼ有り得なかったシステムです。

●スカウトの声かけを待ってみる

上記をまとめれば、

・ネットで求職に関わる情報を公開する
・企業担当の方がその情報に興味を持っ
・担当者が情報公開者をスカウトする

このようなシステムになります。転職活動をするならサイトなどに登録をして、企業側から声かけを待ってみるのも一法と言えるでしょう。